布団の洗濯はどのくらいの頻度でしたらいいの?

 

布団をどれくらいの頻度で洗濯すればいいのか、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

人は寝ている間に多くの汗をかいており、布団はその汗を吸収しています。
また、長期間布団を洗濯しないと、布団の内部でダニが増えてしまいます。
布団を洗うのは大変ですが、アレルギー対策や衛生面からも、適切な頻度で洗いたいところです。

今回は、布団を洗濯する理想的な頻度をご紹介します。
また、枕カバー・布団カバー・シーツなどの洗濯頻度についても解説します。

掛け布団と敷布団は半年に1回洗濯する

掛け布団と敷布団は、半年に1回程度の洗濯が推奨されています。

布団は、夏と冬で使用する種類が異なる人が多いのではないでしょうか。
その場合は、季節が変わって布団を入れ替える際に洗濯すれば、結果的に半年に1回程度洗濯することになります。
布団は、季節の変わり目に丸洗いするのがおすすめです。

半年でダニが増えるという調査報告がある

布団を丸洗いする専門業者のサイトに、洗濯頻度と布団のダニに関する調査報告が記載されています。
それによれば、布団を丸洗いすることで、ダニやダニのフンがほとんどなくなりますが、半年程度経つと再び増加するとのことです。

ダニが増殖すると、アレルギー症状の原因になります。
布団は、できれば半年に1回程度はしっかりと洗いたいところです。

旅館も6ヶ月に1回以上の丸洗いが推奨されている

布団の衛生管理に関しては、旅館業の基準も参考になります。
旅館業に関する厚生労働省の通達の中には、「旅館業における衛生等管理要領」という項目があり、そこには布団などの寝具の洗濯頻度に関する記述があります。

その通達には、布団や枕は、日光消毒と十分なはたきを適切に行うなど、日頃のメンテナンスをしっかりと行ったうえで、「6月に1回以上その汚れ等を除去するため丸洗い」することが望ましいと記載されています。

旅館の布団は必ずしも毎日使用されるものではありませんが、少なくとも半年に1回は丸洗いするよう定められています。
ダニの増殖に関する調査とあわせて考えると、掛け布団や敷布団は半年に1回程度の頻度で洗濯したいところです。

なお、アレルギーなどの理由で布団を常に清潔に保ちたい人は、それ以上の頻度で洗濯してももちろん構いません。

枕カバーやシーツの洗濯頻度は?

直接肌に触れる枕カバーや、汚れやすい布団カバー、シーツなどは、布団よりも高い頻度で洗濯したいところです。
枕カバー・布団カバー・シーツ・毛布の理想的な洗濯頻度をご紹介します。

枕カバーは毎日の洗濯が推奨されている

枕カバーは直接肌に触れるものであり、寝具の中で最も汚れやすいものです。
枕カバーは「毎日」洗濯するのが理想的とされており、寝具メーカーなどでも毎日の洗濯を推奨しています。

枕カバーは汚れやすい

頭部は汗をかきやすく、枕カバーには多くの皮脂や髪の毛も付着します。
現実的には毎日洗濯するのは難しいかもしれませんが、より清潔な環境で眠るためにも、それに近い頻度で枕カバーを洗濯することをおすすめします。

枕自体のメンテナンスも忘れずに

また、枕自体も湿気を含みやすいため、こまめに干したり、布団乾燥機を使って乾燥させたりするようにしましょう。
枕は裏面も湿気を含むため、枕を干す際には途中で裏返すか、2本渡した竿の上で干すなど、裏面にも風が当たるよう工夫しましょう。

先にご紹介した厚生労働省の通達では、布団と同じく枕についても「6ヶ月に1回」の丸洗いが推奨されています。
季節の変わり目に布団を洗濯する際には、枕も一緒に洗うことをおすすめします。

布団カバーやシーツは週に1回程度が理想

布団カバーやシーツも、枕カバーほどではありませんが、肌に触れて汚れやすい寝具です。

布団カバーやシーツに関しては、「週に1回程度」の洗濯が理想的とされています。
特にシーツには、汗・フケ・髪の毛などが付着しやすく、できればこまめに洗いたいところです。

冬は汗をあまりかかないと思われているかもしれませんが、冬でも就寝中にはコップ1杯程度の汗をかくといわれています。
冬であっても、シーツの洗濯頻度は「週に1回程度」が理想とされています。

なお、シーツの洗濯頻度に関するアンケート調査では、「月に1回程度」の頻度の人が最も多いことが報告されています。
その調査では、週に1回程度シーツを洗濯しているのは2割未満という結果でした。

より清潔な環境で眠るために、シーツや布団カバーをこまめに洗濯することをおすすめします。

毛布の手入れの頻度は?

毛布も、布団と同様にダニが繁殖しやすい寝具です。

先にご紹介した旅館業に関する厚生労働省の通達には、毛布に関する記載もあります。
それによれば、毛布も布団と同じく日光消毒やはたきによるメンテナンスを行い、「1月に1回以上、その中心部の温度をおおむね60℃30分間加熱乾燥する」ことが推奨されています。
毛布は、定期的に乾燥させるようにしましょう。

毛布の「丸洗い」に関しては記述がありませんが、布団と同様に6ヶ月に1回程度の頻度で考えておくのがよいでしょう。
ただし、毛布を水洗いすると縮んでしまうため、毛布は自宅での洗濯に適していません。
毛布を洗いたい場合は、クリーニング店に依頼することをおすすめします。

布団はどうやって洗えばいい?

布団はクリーニング店に依頼するのが一般的ですが、布団の種類によっては自宅の洗濯機やコインランドリーを使って洗濯することも可能です。
その際には、布団を傷めないよう洗い方に注意しましょう。

自宅やコインランドリーで布団を洗う方法は、別の記事で詳しく解説しています。
自分で布団を洗いたい場合は、そちらの記事を参考にしてみてください。

自宅で布団を洗う手順はこちらの記事で解説しています>>

合わせて読みたい

コインランドリーで布団を洗う手順はこちらの記事で解説しています>>

合わせて読みたい

まとめ

掛け布団や敷布団は、「半年に1回程度」の洗濯が推奨されています。
布団は、季節の変わり目で布団を入れ替える際に洗濯するのがおすすめです。
毛布に関しても、布団と同様の頻度で洗濯するとよいでしょう。

また、枕カバーは「毎日」、シーツや布団カバーは「週に1回」程度の洗濯が理想とされています。

清潔な寝具で眠るために、布団などの寝具を適切な頻度で洗うことをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

布団の丸洗い洗濯にネットは必要?なしでも大丈夫?

布団にゲロを吐いてしまったけど洗濯はどうしたらいいの?

自宅で布団を洗濯する場合って洗剤や柔軟剤はどうしたらいいの?

自宅で布団を丸洗い洗濯するにはどうするの?方法や手順を徹底解説

羽毛布団を洗濯したら臭いんだけどどうしてなの?消臭するにはどうしたらいい?

羽毛布団を洗濯したらぺちゃんこになったけどどうしたらいいの?