布団はクリーニングとコインランドリーだとどちらがおすすめ?メリットデメリット解説

布団を清潔に保つためには、定期的に洗濯する必要があります。
布団を洗濯する方法には、クリーニングに出す方法と、コインランドリーなどを利用して自分で洗う方法の2種類があります。
「布団を洗濯したい!」と思っている人の中には、クリーニングに出すかコインランドリーで洗うか迷っている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな人のために、クリーニングとコインランドリーのメリット・デメリットを解説します。
両者には、それぞれ異なる特徴があります。
今回の記事を参考に、より自分にあった方法を選んで、布団を洗濯してみてください。

クリーニングとコインランドリーの比較

布団をクリーニングに出す方法と、コインランドリーで布団を洗う方法には、それぞれにメリット・デメリットがあります。
まずは、おおまかな両者の違いを確認しておきましょう。

比較項目クリーニングコインランドリー
料金・費用が高め
(1枚あたり5,000円程度が目安)
・安価で洗濯可能
(1枚あたり1,200-2,500円程度)
洗濯にかかる期間2-3週間程度が一般的
短くても1週間程度は必要
即日利用可能
洗濯の手間なし・洗濯と乾燥には1時間半から2時間程度の時間が必要
・布団の枚数が多ければさらに時間がかかる
汚れの落ち具合汚れがよく落ちる汚れが落ちにくい場合がある
布団の傷み布団が傷みにくい洗い方や乾燥方法によって布団が傷む可能性がある
洗濯できる布団の種類幅広い種類の布団の洗濯を依頼できる洗える布団は一部のみ
カビやダニの処理・専用の薬剤で処理
・防ダニ加工を行ってくれる業者もある
カビの完全な処理は難しい
オプションサービス・長期保管サービス(6-9ヶ月)
・布団圧縮サービス
-

以上の通り、コインランドリーは費用が安く、乾燥機を使えば洗った布団をその日に使用することもできます。

それに対してクリーニングの場合は、費用が高めでクリーニングに時間もかかります。
しかし、プロが洗濯してくれるため、布団の汚れがしっかりと落ち、布団の傷みも少なくて済みます。
また、クリーニングの手間と時間がかかりません。

クリーニングとコインランドリーのどちらを利用するか迷っている人は、両者のメリット・デメリットを比較して、自分にあった方法はどちらなのか考えてみましょう。

クリーニングのメリット・デメリット

クリーニングのメリットとデメリットをより詳しくみていきましょう。

クリーニングのメリット

クリーニングには、数多くのメリットがあります。

プロがきれいに仕上げてくれる

クリーニングの最も大きなメリットは、布団がきれいになることです。
洗濯は布団を清潔にするために行うものですから、この点は非常に重要です。

クリーニングでは、布団の素材や汚れに適した洗剤が使用され、プロがシミなどの汚れをしっかりと落としてくれます。
また、専用の洗剤などを使うことで布団内部のカビやダニが除去されます。
特にカビの除去を自分で行うのは難しいため、カビが発生してしまった場合はプロに依頼するのが安心です。

布団が傷まない

クリーニングは、布団が傷まないよう適切な方法で洗濯してくれます。
また、乾燥も素材にあった温度で行われます。
コインランドリーを使って自分で洗うと布団を傷めてしまう可能性がありますが、クリーニングはその心配がありません。

幅広い種類の布団を洗濯できる

クリーニング業者の中には、特殊な素材の布団でも問題なく洗濯してくれるところがあります。
自分で洗える布団は、水洗いできる限られた種類だけです。
羊毛100%の毛布やシルクなどは、コインランドリーでの洗濯に適していません。
そうした布団の場合は、クリーニングを利用する必要があります。

オプションサービスを受けられる

布団のクリーニング業者の中には、洗濯後の布団を次に使う時期まで預かってくれるところもあります。
そうした保管サービスを利用すれば、自宅の収納スペースを有効活用できます。

また、洗濯した布団を圧縮して送付してくれる業者もあります。
真空圧縮した布団は、大きな保管スペースが必要なく、保管中にカビやダニが繁殖する心配もありません。

クリーニングのデメリット

クリーニングのデメリットとしては、費用がかかることや洗濯に時間がかかることが挙げられます。

費用はやや高め

クリーニングはプロに依頼するため、それなりの費用がかかります。
クリーニング費用は布団の大きさや素材によって異なりますが、1枚あたり5,000円程度が目安です。

ある程度の日数がかかる

クリーニングは専用の工場で行われるため、依頼してから布団が返却されるまでにはある程度の期間が必要です。
通常は2-3週間程度で、早い場合でも1週間程度かかります。
そのため、洗濯した布団を急いで使いたい場合には適していません。

なお、クリーニング業者の中には、代わりの布団を貸し出してくれる「貸布団」のサービスを行っているところもあります。

コインランドリーのメリット・デメリット

続いて、コインランドリーのメリット・デメリットを確認しましょう。

コインランドリーのメリット

コインランドリーの最も大きなメリットは、費用が安く済むことです。
シングルの羽毛布団であれば1,200円から1,600円程度、ダブルの場合は1,800円から2,500円程度で洗えます。

また、乾燥機を使用すれば、洗濯した布団をその日のうちに使うことも可能です。
そのため、汚れてしまった布団を洗濯してすぐに使いたい場合などに適しています。

コインランドリーのデメリット

そうしたメリットの一方で、コインランドリーにはデメリットもあります。

洗える布団は一部のみ

コインランドリーで洗える布団は、水洗いできる素材のみです。
また、布団の中身が偏ってしまうため、キルティング加工がない敷布団などを洗うのも困難です。

布団が傷む可能性もある

布団の素材はデリケートです。
洗い方を間違えたり、水洗いできない布団をコインランドリーで洗ってしまったりすると、布団を傷めてしまいます。
コインランドリーでの洗濯は、自己責任で行う必要があります。

汚れが落ちるとは限らない

コインランドリーでは自分で布団を洗うため、汚れをしっかりと落とせるとは限りません。
シミなどがある場合は、クリーニング業者に依頼したほうが安心です。
特にカビが発生してしまった場合、カビの除去は自分で行うのは難しいため、クリーニングを利用しましょう。

布団の洗濯には手間がかかる

布団は大きくかさばるため、洗濯には手間と時間がかかります。
布団の洗濯・乾燥には1時間半から2時間程度必要で、布団の枚数が増えればより多くの時間が必要です。

以上のように、クリーニングとコインランドリーには、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

コインランドリーは料金が安く、洗濯後の布団をすぐに利用できますが、「布団をきれいにする」という点ではクリーニングに劣ります。
費用をなるべく安く抑えたい場合はコインランドリーが適していますが、洗い方によっては布団を傷めてしまう可能性があるため、自己責任で行う必要があります。
また、自分で布団を洗うのには手間と時間がかかります。

それに対してクリーニングは、費用が高めで日数もかかります。
しかし、プロが適切な方法で洗ってくれるため、布団がとても清潔になります。
また、布団の傷みも少なくて済みます。

布団をクリーニングする際には、クリーニングとコインランドリーのメリット・デメリットを比較して、自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

クリーニングを利用するなら宅配クリーニングがおすすめ

「布団をクリーニングに出したい」と思った場合に、おすすめしたいのが「宅配クリーニング」の利用です。

布団のクリーニングを依頼する方法には、店舗に布団を持ち込む方法と、宅配クリーニング業者を利用する方法があります。
宅配クリーニングは、宅配業者が自宅まで布団を集荷・宅配してくれるサービスです。

宅配クリーニングには、コインランドリーや店舗型のクリーニング店にはない多くのメリットがあります。

布団を運ぶ手間がかからない

布団は大きく厚みがあります。
そのため、コインランドリーを利用したり、店舗に布団を持ち込んだりするのは大変です。

宅配クリーニングを利用すれば、宅配業者が自宅まで布団を取りに来てくれるため、布団を持ち運ぶ手間がかかりません。
宅配クリーニングを利用する際に自分でやることは、布団を専用のバッグに入れることだけです。

宅配クリーニングは、ほとんど手間がかかりません。
そのため、忙しい人や布団を持ち運ぶ手段がない人、近くにクリーニング店やコインランドリーがない人などでも手軽に利用できます。

店舗型よりも料金が割安なケースが多い

宅配クリーニングは、自宅まで布団を取りに来てくれます。
そのため、料金が高めなイメージがあるかもしれませんが、実は店舗型よりも料金が安いケースも多いです。

一般的には、布団が1枚の場合は店舗型が安めですが、2枚の場合は同程度になり、3枚以上になると宅配クリーニングのほうが安くなる場合が多いです。
複数枚の布団をクリーニングに出したい場合は、宅配クリーニングの利用がおすすめです。

店舗型と宅配クリーニングの料金の差など、クリーニングの料金に関しては、「布団クリーニングの値段の相場っていくらくらいなの?」の記事で詳しく解説しています。
詳しく知りたい人は、そちらの記事を参考にしてみてください。

布団を保管してくれる宅配業者もある

宅配クリーニング業者の中には、クリーニングした布団を次に使う時期まで保管してくれるところもあります。
そうした保管サービスを利用すれば、自宅の収納スペースを有効活用できます。

また、業者は温度・湿度がしっかりと管理された環境で布団を保管してくれます。
そのため、保管中のカビやダニの繁殖を防ぐことができ、布団の傷みも少なくて済みます。

布団の収納スペースの確保が難しい人や、自宅の保管環境があまり良くない人は、宅配クリーニング業者の保管サービスを利用するのがおすすめです。

どの宅配クリーニング業者を選べばいい?

布団の宅配クリーニングを行っている業者は数多くあり、多くの人が宅配クリーニングを利用していることが分かります。
しかし、業者が多すぎて、どこに頼めばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

そうした人のために、安心して依頼できる宅配クリーニング業者をご紹介します。

「ふとんリネット」は料金が安くおすすめ

宅配クリーニング業者の中で特におすすめしたいのが、「ふとんリネット」です。
ふとんリネットは布団クリーニングの最大手で、多くの人に利用されています。

ふとんリネットは料金が安い

ふとんリネットは、クリーニング料金の安さが魅力です。
1枚の場合は8,800円と少し高めですが、「2枚11,800円」「3枚12,800円」「4枚14,800円」と、布団の枚数が増えるほど1枚あたりの料金が安くなります。
また、布団のサイズがダブルでも、シングルと料金が変わりません。

オプションサービスが充実している

ふとんリネットは、オプションサービスも充実しています。
例えば、布団の「防ダニ加工」を1枚につき1,000円で依頼できます。
ダニはアトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー症状の原因になるため、安価で対策できるのは嬉しいポイントです。

また、毛布・枕・敷きパッド・クッションなども、追加料金を払えば一緒にクリーニングに出すことができます。

ふとんリネットには価格などのさまざまなメリットがあり、特におすすめしたい宅配クリーニング業者です。
布団をクリーニングに出したいと考えている場合は、ふとんリネットの利用を検討してみることをおすすめします。

なお、ふとんリネットを含めたおすすめの宅配クリーニング業者については、「布団の宅配クリーニングで安いのはどこ?ランキング1位は〇〇」の記事で詳しく解説しています。
「布団の洗い方にこだわりがある人」向けの業者や、「少数の布団を手軽にクリーニングに出したい人」に適した業者も紹介していますので、是非参考にしてみてください。

ふとんリネットについてはこちらをどうぞ。

布団を保管してくれる宅配クリーニング業者のおすすめは?

「ふとんリネット」はおすすめの宅配クリーニング業者ですが、クリーニング後の布団を預かる「保管サービス」は行っていません。
洗濯した布団を業者に預かってもらいたい場合は、別の宅配クリーニング業者を選ぶ必要があります。

保管サービスを提供している宅配クリーニング業者については、「保管ありの布団の宅配クリーニングを徹底比較!安いのはどこなの?
の記事でご紹介しています。

特におすすめしたい「全国布団丸洗いドットねっと」「カジタク」「せんたく便」の3社について詳しく解説していますので、保管サービスを利用したい人は是非参考にしてみてください。

まとめ

布団を洗濯する方法には、クリーニングに出す方法と、コインランドリーなどを利用して自分で洗う方法があります。

コインランドリーは費用が安く、洗った布団をすぐに使用できます。
しかし、自分で洗う必要があるため手間がかかり、汚れがあまり落ちない場合や布団を傷めてしまう場合もあります。

それに対してクリーニングは、ある程度の費用がかかりますが、プロが洗濯してくれるため布団がとてもきれいになり、布団の傷みも抑えられます。

布団を洗濯する際には、クリーニングとコインランドリーのメリット・デメリットを把握したうえで、自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

布団をクリーニングに出す場合は、自宅まで布団を集荷・配送してくれる「宅配クリーニング」を利用するのが便利です。
宅配クリーニングは、依頼する布団の枚数が多いほど、布団1枚あたりの料金が安くなります。
また、宅配クリーニング業者の中には、クリーニング後の布団を保管してくれるところもあります。

「ふとんリネット」は、宅配クリーニング業者の中でも料金が安く、安心して利用できる業者です。
布団をクリーニングに出したいと考えている人は、ふとんリネットなどの宅配クリーニングを利用してみることをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

布団の宅配クリーニングで安いのはどこ?ランキング1位は〇〇

布団をクリーニングに出すと日数や期間はどのくらいかかるの?

ホワイト急便で布団をクリーニングに出すと料金はいくらくらいするの?

布団をクリーニングに出す時期はいつ?どういうタイミングで出したらいいの?

ダスキンで布団をクリーニングすると料金はいくらくらいするの?

布団のクリーニングって必要?メリットは何があるの?