布団をクリーニングに出す時期はいつ?どういうタイミングで出したらいいの?

 

布団のクリーニングに興味があっても、どういったタイミングでクリーニングに出すべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。

布団のクリーニングは、季節が変わって布団を交換する際に行うのが最適です。
また、布団が汚れてしまった場合や、布団の状態に問題があると感じた場合は、季節に関わらず布団をクリーニングに出すことをおすすめします。

今回は、布団をクリーニングに出すのに適したタイミングと、その理由について解説します。

季節が変わって布団を交換するタイミングがおすすめ

布団をクリーニングに出すのは、季節の変わり目が最適です。
ほとんどの人は、夏場はタオルケットや薄い布団を使用し、冬場は厚い布団を使用しているでしょう。
布団のクリーニングは、季節が変わって布団を入れ替える際に行うことをおすすめします。

布団を保管する前に清潔にする

季節が変わって布団を交換すると、今まで使っていた布団を次に使う時まで保管することになります。
冬布団であれば、温かくなってから再び寒くなるまでの約半年間、しまいっぱなしになります。
その際に、汚れや湿気が残ったままの状態で保管してしまうと、保管している間に布団の中でダニやカビが繁殖してしまいます。

ダニやカビはアレルギーの原因になり、身体に悪影響を及ぼします。
使用する前に布団を干した程度では、繁殖したダニやカビを除去することはできません。

また、カビが繁殖すると布団の繊維が急速に劣化してしまいます。
そのため、保管時にカビなどが繁殖しないように、保管前にしっかりと洗浄・乾燥させておくことが大切です。

布団は、季節が変わって布団を交換する際に、今まで使っていたものをクリーニングに出すようにしましょう。

クリーニングには日数がかかる

布団のクリーニングには、2週間から3週間程度の期間が必要です。
布団は洗浄や乾燥に時間がかかるため、通常の衣類よりもクリーニングの期間が長いですが、保管する前であれば多少長くても全く問題ありません。

布団を保管しておいて使用前にクリーニングに出そうとすると、急に冷え込んだ場合などに布団が使用できず困ってしまう可能性があります。
こうした理由からも、布団は保管する前にクリーニングに出すのがおすすめです。

布団は半年に1回程度の洗浄が推奨されている

布団は、クリーニングに出してきれいにしても、半年程度使っているとダニが増殖しはじめます。
そのため、布団は半年に1回程度の洗濯が推奨されています。

布団を交換する季節の変わり目にクリーニングに出せば、丁度半年程度でクリーニングに出すことになります。
季節の変わり目のクリーニングは、ダニを除去して布団を清潔に保つためにも適したタイミングです。

梅雨明けもクリーニングに適した時期

布団を交換する時以外のクリーニングに適したタイミングとしては、梅雨明けの時期が挙げられます。
梅雨は布団に湿気が溜まりやすく、カビやダニが繁殖しやすい時期です。
梅雨明けにクリーニングを利用すれば、梅雨の間に増えたカビやダニを効率的に除去できます。

布団に汚れや問題がある場合はすぐにクリーニングに出す

布団に特別な汚れがない場合は、季節の変わり目や梅雨明けにクリーニングに出すのがおすすめです。
しかし、布団が汚れてしまった場合や布団の状態に問題がある場合は、そうしたタイミングを待たずに、すぐにクリーニングに出すことをおすすめします。

早めにクリーニングに出すべきタイミングをご紹介します。

布団が汚れた場合

布団が汚れてしまった場合は、なるべく早く汚れを落とすことが大切です。
汚れは時間が経つほど落ちにくくなり、シミの原因になります。
また、汚れを放置しておくと生地を傷める原因になり、布団の劣化が早まります。

子供やペットの尿で布団が汚れてしまった場合も、放置しておくと臭いや布団の傷みの原因になります。
布団が汚れた場合は、なるべく早くクリーニングに出すことが大切です。

カビが発生した場合

布団にカビが発生した場合も、なるべく早くクリーニングに出しましょう。
自宅で布団全体のカビを除去するのは難しく、カビの除去はクリーニング業者に依頼するのが一番です。
カビを放置しておくと、内部でカビが繁殖して布団の劣化が早まります。

なお、布団のカビの除去については「布団のカビはクリーニングで落ちるの?」(リンク)
の記事で詳しく解説しています。

布団の状態が悪化した場合

布団が汚れてくると、保温性能などが悪化します。
そうした汚れによる布団の状態の悪化は、クリーニングに出すことで改善します。

例えば、冬に布団がなかなか温まらなかったり、夏に寝ていてムシムシしたりするのは、布団の湿気が原因です。
天日干ししても湿気がすぐに戻ってしまう場合は、布団に汗の塩分が蓄積しています。
そうした状態を改善するには、しっかり洗ってから乾燥させる必要があるため、早めにクリーニングに出すとよいでしょう。

また、布団の臭いが気になる場合も、なるべく早くクリーニングに出しましょう。
臭いは布団の汚れによって発生し、汚れを放置しておくと布団の劣化の原因になります。
臭いは睡眠の質を低下させるため、早めに対処することをおすすめします。

まとめ

布団のクリーニングは、季節が変わって布団を交換する際に行うのがおすすめです。
布団を保管する前にクリーニングに出せば、保管中のダニやカビの増殖を抑えることができます。
また、梅雨明けも布団のクリーニングに適したタイミングです。

布団が汚れた場合や布団の状態に問題がある場合は、季節に関わらずなるべく早くクリーニングに出すことをおすすめします。
汚れやカビは対処が早いほど除去が簡単で、放置しておくと布団の劣化にもつながります。

今回の記事を参考に、布団をクリーニングに出してみることをおすすめします。

なお、クリーニングの出し方については「布団をクリーニングに出す手順や出し方はどうしたらいいの?」の記事で解説しています。
クリーニングの依頼手順を知りたい場合は、参考にしてみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

布団をクリーニングに出すと日数や期間はどのくらいかかるの?

布団のクリーニングって必要?メリットは何があるの?

ホワイト急便で布団をクリーニングに出すと料金はいくらくらいするの?

布団をクリーニングに出すとどういう効果があるの?

保管ありの布団の宅配クリーニングを徹底比較!安いのはどこなの?

布団はクリーニングとコインランドリーだとどちらがおすすめ?メリットデメリット解説